お知らせ

緊急事態宣言の解除に伴い、六月より順次練習を再開しておりますが、一定の期間は、週に二回(火・木)、時間も短縮しての活動となります。引き続き手指消毒や検温、マスクの装着、換気などを徹底した上で、当面の間はスタンドにおいての打撃のみの練習とし、ミット、マススパーなどの対人練習を行う場合は必ず面を装着して行うなど、総本部の指針に従っての活動とします。また、組技及び寝技の練習再開については、状況を見ながら慎重に判断したいと思います。                                 

「空道」とは

空道とは、格闘空手から発展した21世紀生まれの新しい武道であり、「突き」「蹴り」「投げ」「絞め」「関節技」が認められた、着衣による総合武道競技です。現実の護身の場において確実に通用しうる技術、体力の習得を目指しながらも、実戦性と安全性の「両立」を重視していることが特徴であり、本来、相反するこの二つの要素を高レベルでバランスさせた独自の競技ルールにおいて、年に二度の全日本大会(春・体力別/秋・無差別)、四年に一度の世界大会が開催されています。

「大道塾」とは

大道塾とは、第九回極真空手全日本選手権大会の優勝者である東孝代表師範(現・塾長)により、1981年に宮城県仙台市において創設された打撃系総合武道団体であり、NPO法人国際空道連盟および(社)全日本空道連盟の主幹となる組織です。現在は東京都豊島区に総本部をおき、創設当初から格闘空手という名称で実践されてきたその競技名を2001年に空道と改め、2012年5月に日本ワールドゲームズ協会(JWGA)、2015年7月に日本アンチドーピング機構(JADA)への加盟を果たすなど、空道の発展、普及に取り組んでおり、現在国内100ヵ所以上、世界約60ヵ国に支部をかまえる、国内有数の規模を持つ武道団体でもあります。

powered by crayon(クレヨン)